· 

マスクの臭い対策

マスクの臭い対策としては、まず、ご自身のお口の臭いをきれいにコントロールすることです。日常生活の癖を直して唾液の循環を良くし、お口の中を潤わせるようにしていくことが大切です。


<1>歯を磨きすぎないこと

口臭を気にして、何度も歯磨きをする人がいます。磨いたスッキリ感、これが癖になると要注意です。口の中の粘膜を傷つけて唾液の分泌が減ってしまうからです。

食後は、歯磨き粉は使わず、歯ブラシで目に見える汚れを落とすだけで十分。その後、水を飲んで、お口の中で舌を動かすことにより、酸性に傾いたお口の中を中和していけばいいのです。

〈2〉 スマートフォンやパソコンから、時々目を離す

外出自粛で、自宅でスマートフォンやパソコン画面を見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。唾液を出すためには、舌を動かすことが重要です。スマホやパソコンを長時間見ていると、舌が動きづらくなってしまいます。

背筋を伸ばして正面を向き、舌先を上あごの奥につけたまま、にっこりと口を横に開くだけ。テレワーク中もこまめに取り入れてみましょう。硬めのガムを、舌の上で転がしておくのもおすすめです。

〈3〉コーヒーや紅茶を控える

自宅にいると、コーヒーや紅茶が好きな人は、一日に何杯も飲んでしまいます。コーヒー、紅茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、体内の水分が抜けやすくなるのです。喉が渇いたら、水を飲むように心がけましょう。

〈4〉生活習慣を見直す

生活習慣の乱れはストレスにつながります。自粛中も早寝早起きはもちろんのこと、アルコールや間食はなるべく控えましょう。朝は、白米を食べることがおすすめです。よくかむことで唾液が出やすくなり、口腔内環境も整います。 

女性のための

口臭治療専門クリニック

東京ブレスクリニック

無料カウンセリング受付中! 

 口臭ガス測定+カウンセリング) 

 

詳しくはこちら→★

 

日常の生活できれいな息でいられるよう、女性のための口臭治療専門クリニック・東京ブレスクリニックの情報をお伝えしていきます。

 ⇓できましたら、ポチッとよろしくお願い致します。 

にほんブログ村 にほんブログ村